メニュー

感染予防対策

peethの感染予防対策への取り組み

当院では、新型コロナウイルス感染予防として、患者様に移さない、移させないために主に3つの対策を実施しています。

1. 口腔外バキュームを使用

治療中に飛び散る唾液や血液、義歯・入れ歯・歯科素材を調整する時に発生する削りカス、金属の破片を吸い込みます。これにより、飛沫感染のリスクを軽減がされます。

2. クラスBの滅菌システムを使用

これはヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格の滅菌システムで、日本の歯科医院で通常行われる滅菌よりもワンランク上の滅菌を行っています。

滅菌のクラスわけ

クラスN通常の歯科医院で行われる滅菌方法。蒸気と空気の重量の違いを利用して缶体内の空気除去を行います。

クラスS滅菌前の1回、真空状態を作りを行い高圧蒸気滅菌します。

クラスB滅菌前、乾燥時に数回の真空状態を作り、あらゆる種類や形状の滅菌が被滅菌物を滅菌します。(クラスBという滅菌レベルは、世界で最も厳しいヨーロッパの滅菌基準です。当院ではこのクラスBの滅菌システムを使用しています)

3.患者様に使用する器具を個包装

患者様、ひとりひとりに使用する器具を個包装しており、使用する時に開封をしています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME